自動車ローンの利用法

自動車ローンの利用法について

自動車ローンは無理のない期間に

自動車を購入するときに、一括で買う人もいますが大体はローンで購入する人が多いです。その期間はさまざまで、短いものだと12か月や24カ月からあり、長いものだと60カ月や72カ月、さらには84カ月というのもあります。これだけ長ければ毎月の支払いも低く抑えられるのがメリットですが、その分金利が加算されるのがデメリットです。逆に無理して短くしても金利が抑えられる反面、毎月の支払いが大きくなって収入によっては生活を圧迫するデメリットもあります。ましてや支払いができなくなるとさまざまなデメリットが生じることがあるので、無理するような組み方は良くありません。自動車でローンを組むときは、多少の金利がかかるけど無理のない支払いができるような期間にすることが大切です。

自動車ローンの賢い利用法

自動車は住宅について高い買い物であると言われています。現金一括で購入する場合には必要がありませんが、多くの人はローンを借入して新車の購入に至るものと考えられます。自動車のディーラーでは、独自の販売システムで支払いが楽になるプランを提供しています。しかしディーラーローンは金利の高さがネックとなることもあるでしょう。そのために銀行系やJAなどで、比較的金利の安い商品がありますので、それを借り入れて返済に充てるということも可能です。毎月の返済のバランスを考えて、より賢く適切に新車を手に入れたいものですね。

↑PAGE TOP